Works

WORK 4 BANGLA|サステナブルな雇用環境への改善

Story

Background
「バングラデシュ支援のプロジェクトを活性化するプロジェクトを実施したいのですが」

一通のメールが届いた。
バングラデシュの労働環境を是正したい。その想いに共感して、二つ返事で快諾しました。
しかし、途上国の支援というだけでは、消費者や現地の方たちはワクワクしない可能性が高い。何かストーリーを設計した方が良い気がする。
Concept
■現地の方たちにとって幸せなことは何だろうか?そして消費者が共感するポイントは?

バングラデシュ現地の方たちは、ただ仕事が欲しいわけではなく、人としての幸せな生活を手に入れたいのだ。適切な労働環境を用意し、作るものに自信が持てて、働くことにやりがいを感じてもらい、将来の目標が持てたら、未来を生きる自信につながるだろう。

現地の方たちの幸せな状況を定義する4つのWORKテーマを掲げ、それが“For BANGLA”であることをコンセプトに掲げたらどうだろうか

■For BANGLAとなるWorkテーマとは、具体的に?

WORK1.守られた労働環境での雇用創出
WORK2.働くことの目標を見つけてもらいたい
WORK3.働く人のためのグッドウェアが誕生
WORK4.バングラデシュの発展に向け働きかけを

バングラデシュの労働環境を守りながら、男女関係なく自身の目標を見つけられて、作るものの質が向上し、さらにその活動が将来生まれてくるバングラデシュの未来を支える子供たちの支援につながれば、幸せなことではないか。その仕組みを作れれば、このビジョンは実現できるのではないか。

こうしてWORK4BANGLA PROJECTは、スタートしました。

さらに、商品を作るのであれば、長保ちする質のいいものを作れて、フェアトレードであること。そうすることで、一時的な支援ではなく、サステナブルな活動になる。

コンセプト作りから販売までの全体プロセスを設計して、プロジェクトを刷新。
WORK4BANGLAの公式HP、ボンマックス社のオンラインショップ、リバースプロジェクトのオンラインショップにて販売を開始。

今後の展開は?
今回は“衣”をドメインとしたプロジェクトでした。今後は、生まれた商品を活かして、色パートナー企業を見つけ、共にこのプロジェクトを支援していきます。
解決すべき本質的な課題
バングラデシュ現地では劣悪な雇用環境、男女の雇用機会の差があった。
テーマとなる社会課題
社会課題:サステナブルな雇用環境の整備
ドメイン:「衣」

【仮説】
バングラデシュの労働環境を改善し、性別に関係なく自身の目標を設定できて、スキルが向上し、その活動の先に、バングラデシュの未来を支える子供たちの支援につながれば、幸せなことではないか。その仕組みを作れれば、このビジョンは実現できるのではないか。
パートナー
パートナー企業::株式会社ボンマックス
事業内容:アパレル事業
ソリューション:コンセプトメイク