Works

Un-TIQUE NEWTIQUE|家具の新たな価値を見出すプロジェクト

Story

Background
引っ越しや家具の買い替えの際、家具はリユースされずに廃棄されることが多く、有効的なリユースの仕組みが確立できていない。
リユース品購入経験者の割合は3割強、売却経験者の割合は4割程度と過半数を割っているため利用者の裾野を広げていく余地がある。
様々な方が価値を感じる切り口を付加し、新品・リユース問わず商品の魅力を知ってもらい、有効的なリユース及びアップサイクル方法を確立するためのプロジェクトが「Un-TIQUE NEWTIQUE」だ。
Concept
古いものよりも新しいものに価値を感じる風潮が存在する一方、家具は作られた時代や当時の誕生に至るまでのストーリーに加えて、誕生してから人の手に渡り日常で使用されていく中で色が変化し、傷が付き、独自の表情に変わっていく。
その特徴を独特の味として捉え、また付加価値を付けてより魅力的と捉えられるプロダクトに変化していくプロジェクトをデザイン設計した。
解決すべき本質的な課題
新品を好む風潮から家具のリユースやアップサイクルが浸透する有効な手段が講じられていない
テーマとなる社会課題
家具のライフサイクルの延長、アップサイクルを通じて環境の汚染を抑制
パートナー
株式会社大塚家具

CONC
WORK

社会への問いかけ

Approach
家具リユース市場の創出と活性化に向けて、「大塚家具×リバースプロジェクト」のアライアンス「NEW RECYCLE」を発足。大塚家具がお客様から下取り・買取りした家具を、さまざま形でアップサイクルした家具のブランド《Un-TIQUE NEWTIQUE》を共同開発しました。アンティークではないからこそ(Un-TIQUE)、新しいアンティークにチャレンジするという、相反する要素を組み合わせ、リユース業界の価値観を刷新していきたいという思いを込めたプロジェクトです。
Service
  • ・コンサルティング
  • ・コンセプトメイキング
  • ・PRプランニング

System
making

事業化・仕組み化

Approach
大塚家具の買い取り・下取りキャンペーンを通じて集まった家具の中から1点1点クリエイターがアレンジ。家具の使われ方に合わせて作り替えたり、エイジングの状態に合わせてジーンズのパッチワークを施したり、駆除された害獣のレザーを施したアイテムを活かしたりと、アイテムのストーリーや個性を活かし、更なる魅力を表現しました。
Service
  • アライアンス設計

PROTO-
TYPING

消費の選択肢づくり

Approach
当社のクリエイターが素材の経年劣化や使用感を味と捉えてタンス、椅子、ビューローなどの家具を製作しました。REBIRTH PROJECTでのプロダクト開発はもちろん、既存アイテムやプロジェクトとのコラボレーションやODM/OEM、素材の提供なども可能です。
Service
  • 商品企画、プロダクトデザイン