Works

SURVIVAL DISTANCE|日常そして理想的な社会までの距離

Story

Background
2020年に急拡大した新型コロナウイルス。人と人との「距離」を保たなければならない日常生活を強いられた。さらに、過酷な医療現場では、マスクや手術着など処置に必要な物資が大量に不足してしまい、混乱をきたした。
今、手元にあるこの物資は役に立つのか、またどのように必要な場所へ届けたらいいのかわからない。医療従事者の方たちに何かしてあげたいという方の想いを実現するためのプロジェクトが「SURVIVAL DISTANCE」だ。
Concept
「物資が欲しい需要先」と「物資を寄付したい供給先」両者のニーズをマッチングする仕組み。
コロナ禍で当たり前に使われるようになった「ソーシャルディスタンス」という言葉。その言葉の背景文脈を拡張し、緊急事態から日常に戻るための距離、理想の社会・未来へ向かうまでの距離を「SURVIVAL DISTANCE(生存距離)」と定義した。さらに、マスクやTシャツの購入という消費行動と医療現場への物資の寄付を同時に満たす仕組みを提供した。
解決すべき本質的な課題
物資を提供したい供給者と物資が不足している需要者をマッチングする仕組み
テーマとなる社会課題
医療現場での物資不足解消及びパンデミックからの早急な経済回復
パートナー
株式会社田村駒

CONC
WORK

社会への問いかけ

Approach
コロナ禍による物資不足が叫ばれる医療現場に対して、既に寄付行為に取り組まれている方もいれば、そうでない方もいらっしゃいます。
どのような状況の方でも、前向きに、気楽に取り組める貢献活動が実施できないか。社会貢献活動に少しの遊び心や価値をプラスすることで、より多くの方の心に届くプロジェクトにできないか。こうして始まったのが「SURVIVAL DISTANCE」です。
Service
  • コンセプトメイキング
  • ロゴ、グラフィックデザイン、ヴィジュアル制作、映像制作

System
making

事業化・仕組み化

Approach
SURVIVAL DISTANCEは、。医療現場や介護施設、福祉施設、保育現場等の「物資が欲しい需要先」と「物資を寄付したい供給先」の両者をマッチングするプロジェクトです。
①供給できる②配布できる③チャリティ④情報発信これらの関わり方を示し、①〜④全てのメニューに対応できる法人、部分的に③と④2つのメニューに対応できる個人それぞれに関わり方ときっかけを提供しています。
Service
  • アライアンス設計
  • メディア、プロジェクトの運営

PROTO-
TYPING

消費の選択肢づくり

Approach
プロジェクトの組成、プロジェクトが回る仕組みづくり、こだわった素材を活用したマスク、スニーカー、帽子などの制作実績があります。当社のREBIRTH PROJECTでのプロダクト開発はもちろん、コラボレーションやODM/OEM、素材の提供なども可能です。
Service
  • 商品企画、プロダクトデザイン、生産・製造