Works

RICE475|非日常の農業体験をイベント化したファンづくり

Story

Background
高齢化や後継者不足、環境への配慮や安全リスクを考慮した農法開発など、農家を取り巻く環境は変化しているが、世襲制・家族経営をベースに発展してきた農業故に持続可能な農家経営の方法は未だ確立されていない。
日本の食料全体のカロリーベース総合食料自給率は37%と低迷している中、農業の未来を見据え、生産者が消費者とダイレクトにつながり、距離を縮める仕組みづくりにチャレンジするプロジェクトが「RICE475」だ。
Concept
プロセスをイベント化。出来上がる過程でファンを醸成するアプローチの確立。
田植え、草取り、収穫など農業には肉体的な負荷がかかる場面が存在する。しかし「イベントという非日常」の文脈の中では、疲労も達成感に変わることに着目。農家にとっての日常を消費者の非日常として、農業体験できるイベントをデザイン設計した。
解決すべき本質的な課題
少子高齢化で農業を担う後継者が減少している。
テーマとなる社会課題
農業との接点を作ることで関係人口を増加。
パートナー
株式会社WV

CONC
WORK

社会への問いかけ

Approach
生産者の想いを可視化し、その物語を伝えることをミッションにRICE475プロジェクトはスタートしました。私たちは一般の参加者を集い、田植え・草取り・収穫祭をイベント化。生産からEC販売等の流通までサポートし、消費者にもお米が出来上がるまでの過程を体験してもらうコミュニケーションの場を大事にしてきました。
Service
  • コンセプトメイキング、企画立案
  • ワークショップ、イベント制作

System
making

事業化・仕組み化

Approach
農薬・化成肥料を使用せず、自家製の有機肥料と数種類の天然ミネラルを使用し、食味を上げる為にあえて収穫量を抑え、手間を掛け、丹精込めて栽培しています。
Service
  • ・アライアンス設計

PROTO-
TYPING

消費の選択肢づくり

Approach
無農薬・減農薬米であるRICE475の風味を活かしどぶろくや、米粕を使用した繊維で作ったTシャツなどのプロデュース実績があります。
当社のREBIRTH PROJECTでのプロダクト開発はもちろん、コラボレーションやODM/OEM、素材の提供なども可能です
Service
  • 商品企画、プロダクトデザイン