Works

HAGInnovation|地域で持続的に産業が生まれる仕組みづくり

Story

Background
萩市は、吉田松陰、高杉晋作、木戸孝允、伊藤博文など明治維新で活躍した志士を多く輩出してきた歴史的な町だが、人口はピークの約10万人と比較して約半分の5万4千人程度まで落ち込んでしまった。
萩市の若者が、現代の維新志士として「萩-HAGI-」に「イノベーション-Innovation-」を起こすことをコンセプトに始動したのが「HAGInnovation」プロジェクトだ。
Concept
萩市の”若者自身”が町の魅力を見つめ直して事業を興す。
目指したのは、外の誰かではなく地域の若者自身が課題に向き合い、意見を交わして論じ合うことで自分ゴトとして魅力に気づき、表現できる仕組みづくり。
全8回のワークショップを通じて事業計画の立て方から実行までを学び、自らの足で食材を集め、萩ならではのB級グルメで町の魅力を表現するプロジェクトを組成した。
解決すべき本質的な課題
自立的に産業が生まれ続ける仕組みを創ることは困難。
テーマとなる社会課題
地域の若者を起点に持続的に産業が生まれる環境の整備。
パートナー
萩市役所

CONC
WORK

社会への問いかけ

Approach
少子高齢化社会の急速な進行により、各地で過疎化が進んでいます。持続的な地域発展の仕組みを創るため、現地で新たな産業が生まれ続ける仕組みを創ることを目的に「HAGInnovation」プロジェクトに取り組みました。
Service
  • コンセプトメイキング、企画立案

System
making

事業化・仕組み化

Approach
事業計画の立て方から実行までを学べる計8回のワークショップを企画。萩市在住の若者を中心に、様々なステークホルダーと意見を交わし、論じ合うことで地域における課題解決の方法を模索します。さらに萩市役所や地元企業と連携してアウトプットする場まで、プロジェクト全体を設計しました。
Service
  • ・ワークショップ、イベント制作