Works

GUCCI 全動説|多元的で流動的な現代社会を再生素材を活用したアートで表現

Story

Background
スマートフォンやタブレットの普及を通じて、インターネット等の情報インフラ環境は急速に発展した。それらのツールを適応し使いこなし始めた人類の価値観は、一元的とは言いがたく超流動的で基準となる軸や中心が存在しない。
そのような、ボーダレスで流動的な現代の地球像を表現したのが「GUCCI 全動説」プロジェクトである。
Concept
「天動説」という一点中心型の地球像に対し、「全動説」とは、情報インフラの急速な普及により、社会、価値基準そのものに軸が存在せず流動的な状態という仮説に基づいた、観念的に地球を表す造語である。現代社会は多元的で流動的だからこそ、未来は無限の可能性を秘めている。
GUCCIの印刷物を再利用したインスタレーションを通じて、この世界観をアートで表現した。
解決すべき本質的な課題
環境問題に対する世の中の意識変革が必要。
テーマとなる社会課題
印刷物を再活用することで自然環境の汚染を抑制。
パートナー
GUCCI
株式会社YGK

CONC
WORK

社会への問いかけ

Approach
GUCCI店舗のイベントスペースにて、変容する世界観を表現した「全動説展」を開催しました。 アートを通じて現代社会や環境問題を論じ、社会課題に触れる角度を変えたアプローチを行なっています。
Service
  • コンセプトメイキング、企画立案
  • 空間デザイン

PROTO-
TYPING

消費の選択肢づくり

Approach
八の字型の巨大なチューブ状のオブジェクトの中を走る複数の光源により、GUCCIの印刷物を再生素材として利用した細かいマテリアルが影となり空間全体を照らしながら移動し続けるアートを制作しました。
コラボレーションイベントの演出はもちろん、プロダクト開発や素材の提供も可能です。
Service
  • 商品企画、プロダクトデザイン、生産・製造
  • アート制作、空間デザイン