Works

生分解性プラスチックのベンチ|造る時から廃棄を意識したプロダクト製作

Story

Background
現在、世界中で3億トン以上生産されているプラスチックは、その便利さ故に手軽に使える分、手軽に捨てられてしまう側面があり、海洋ゴミの原因にもなっている。
プラスチックの代替品開発やアップサイクルの手段は未だ確立されていない中、JT、文化服装学院とのコラボレーションで、生分解性プラスチックを有効的に活用し、プラスチック製品のライフサイクル全体を見直すきっかけを提供する取り組みを行なった。
Concept
土に還る素材を使って公共のスペースを作る。
喫煙所を兼ねた休憩スペースを文化服装学院構内に作る企画で、生分解性プラスチックを試験的に使用してベンチを製作。社会課題をそのままストレートに論じるのではなく、日常生活の中にタッチポイントを作ることで、自然に社会課題に触れている状況を作り出せるプロダクトをデザインした。
解決すべき本質的な課題
便利さ故にプラスチックの代替となる手段が確立されていない。
テーマとなる社会課題
廃棄後を想定した商品開発による環境汚染を抑制
パートナー
日本たばこ産業株式会社
文化服装学院

CONC
WORK

社会への問いかけ

Approach
生分解性プラスチックは、廃棄後に微生物の働きによって水と二酸化炭素に分解されて自然に還ります。プラスチックの代替となる素材として、生分解性プラスチックを活用してベンチ制作を行いました。
Service
  • 商品企画、プロダクトデザイン、生産・製造
  • アート製作

PROTO-
TYPING

消費の選択肢づくり

Approach
当社のクリエイターが課題やテーマに適した企画に落とし込み、プロダクトのプロデュースを行いました。REBIRTH PROJECTでのプロダクト開発はもちろん、既存の取り組みのコンセプト再設計やブランディングのサポートなども可能です。
Service
  • コンセプトメイキング、企画立案